いちじくの花

あたしはイチジク、略してあーイク

中身

 かぶとむしの蛹を潰したことがおれはある。朝にざんざかと落とされた水が陽に灼かれて天に戻って行くむせかえるような六月の午後二時、安っぽい唐揚げに似た奴の腹に割り箸を突き刺して少しずつ広げると、溶けた牡蠣のような濃厚な蜜が、どこでもいいから外の世界に出たかったとでも言いたげにびゅくびゅくと漏れ出て来た。おれにそれをしろと命じて来た女は同い年の癖に無理に大人ぶったいつもの態度を消し、しげしげと唐揚げを見つめながらその整った顔立ちを無邪気に崩して喜んでいたが、今にして思えばそれは奴の死に様が、寸止めに失敗し幸福の絶頂の「いく」瞬間にだけ擦られることなく終えられてしまった射精にひどく似ていたからに違いなかった。ひとしきり奴を弄び僅かに出来た神経のようなものをひきずり出し終えると女は興味を失ったらしく、小便がしたいから周りを見張っていろとおれに言い捨てておもむろにホットパンツを下げた。女の小便が滔々と流れて土に当たる音を聞きながら、こどものおれは破れ果てた奴の精液から漂って来るベトつくような腐葉土の臭いに興奮し、まだすべすべとしている小さな男根を固くして上向かせた。夢心地のまま破り捨てられたやつの死に様のむごたらしさを想像してそれを触ると背骨の下の方から小便が出て来そうな感じがして来たが、用を終えた女に呼び止められたせいで気が散り、それを至らせることは叶わなかった。おれは自分の股についている幼いそれの意味をまだ知らなかったが、女は父親が多かったのでとうに気が付いていたのだった。

 

 コンビニのウイスキーのとびきり安いやつを抱えてアパートに戻ると、朝の陽射しがおれの布団に巣食ったダニを焼いている。今日の仕事もなにもなくただ疲れただけだったから、おれはせめて考え事もしないようにと酒を飲む。疲れ切り何も胃に入らないおれは胡瓜の浅漬けを後生大事に噛み砕き口の中でペーストのようにして、それをエグ味深いウイスキーでぐいと流し込んで独特の青臭さを楽しむ。まるで自傷だ。生きていることが分からないからこんなことをするのだろうと思いながらおれは寝転がりなにも考えないようにする。生きていることを知る為に何かを感じたくなってちょっとした舌の自傷を企ててみたり、はたまた何も感じたくなくなって倦怠の内に身を任せてみたり、にんげんのすることはよく分からないなと思ったが、そのにんげんがおれであることに気が付いて少しおかしくなりニマリとした。

 強い酒を飲み干し仰向けになって朝の太陽を眺めていると、おれは全身がとろけてきて自分が今の形を保っていることが疑わしくまた不思議に思えて来て、もしかして自分の体には硬い殻と、その他のどろどろになったすべてしかないのか知らん、等と考えていたが、ふとあの安っぽい唐揚げのことを思い返すと、奴の心地もおれのようにそう悪くはないものだったのだろうか、と自問したくなるのだった。今おれの腹に日本刀が突き刺され、若く新鮮でまるで不健康な血とすりきれたはらわたが飛び出て来たとしたら、茶け始めた煙草臭いシーツと下ろし立ての白い夏掛けが見事な深紅に染まるだろうし、それはなんとも素敵なことじゃないか。奴の惨たらしい死に方も、奴にとってはそう甘美なものでなくはなかったのだろう!

 そういえば帰り道の街道で、破裂してその後つぶされた肉を見つけてきた。傍らにはドブネズミのしっぽだけが形を保って寂しく転がっていた。半ば夢の中にいるおれや唐揚げのそれはともかく、少なくとも彼にとって死は心地好くなかっただろうなと思う。それは彼が硬い殻に包まれておらず、また自ら動くことが出来ない訳でもなかったからだ。そしてつぶれた肉は腐って行く。爛々と輝きおれを苛む太陽の厚かましさが疎ましく、おれは出来ることなら砂漠に独り立つサボテンになりたいと思った。サボテンは触れるものを全て傷付ける硬い殻に覆われているし、腹の中には果肉がたっぷりと詰まっていて、太陽の下で情熱的に死ぬ時にも、月の下で孤独に死ぬ時にも、きっと心地好くてたまらないだろうから。動くことの出来ないサボテンには絶対の孤独がある。サボテンは選ぶことの出来ない孤独の中にあるのだ。そこを行くと黒猫は悲しからずや、黒猫に生まれただけで目くじらを立てられ、どこへでも歩いて行くことが出来るのに、どこに行っても愛され切ることが出来ない。とは言えど孤独に生きて行くことも出来ない。黒猫の顔、黒猫に生まれて来て何が悪いとでも言いたげな堂々とした顔を見ると、おれは黒猫の強い生き様を思って泣きたくなり、あれかにもあらぬまま眠りへと落ち込んで行くのだった。

  太陽はまだ朝の勢いのまま厚かましく輝いていた。寝ていたおれは突然に胃が縮むような感じがし、フラフラと歩いて便器に顔を突っ込み胃の中のものを全て吐き出した。吐くときの顔の角度が悪かったらしく、ぐちゃぐちゃになった胡瓜が鼻に詰まり、おれはしきりに洟をかまなければならなかった。吐き気がおさまらないおれはそのまま便座カバーに頭をもたれさせて寝ることにし目を閉じたが、そのせいで吐き散らかした胡瓜の色そのままの緑色の海の夢を見た。夢の中のおれは緑色の海を眺めてひとしきり泣き、サボテンの内臓はこんな色だろうか、と思いながら孤独に身を震わせていた。

阪急総帥ってデケェよ

昔の先輩だった関西人の長町先輩と喫煙所でたまたまバッタリ出会った。近所に阪急のお偉いさんが女を囲う為だけのこぢんまりとしたマンションがあると聞いたので興味本意で連れられて侵入したのだが、五階のエレベーターホールで擦れ違った夜の蝶風のきらびやかな女に「このマンションはワケありの女しか住んでへんとこなんやけど、なんでアンタらみたいな若造がおんの?」と詰められ、非常階段に逃げようとするがドアを開けたその先は虚空、追い付いて来た女の手を引き剥がし「誰か!誰か!」と叫ぶ女を尻目にエレベーターまで引き返して乗る。扉が閉まる。と思いきや閉まる直前にさっきの女がドアに腕を挟み込んで無理矢理止めて来る。騒ぎを聞き付けた住人がなんやなんやと集まって来た。夜の蝶が扉をこじ開けると、住人全員の視線が俺達二人に鋭く突き刺さる。全員が目力の強い美女で、芸者風の上品な初老の女から女子高生にしか思えないヤンキー風のギャルまで10人ちょっと、12人(?)ばかりいる。脅え切ったおれを認めるとギャルがいきなり顔に跳び蹴りをして来て、おれは倒れ込む。夜の蝶が扉から手を離したので、閉まり続ける扉に太股が挟まれて痛い。非常に痛い。ギャルはおれの胴体に跨がって怒りの形相で仁王立ちをしている。ホットパンツのすきまからしょーつがみえている。細く引き締まった筋肉質の太股が視界の中で動いたと思うと、おれはこめかみを蹴られていた。「アンタここに足踏み入れたイミわかっとんの?」急いで駆け付けて来たので当然だろうが、派手なギャルの癖に色気の無いサンダルだな、と思った。しかしそれがいい!恍惚としたおれの目を不気味がるかのように、ギャルはもう一発おれを蹴る。今度は左肩だ。痛い。ついでにさっきからドアが閉まり続けていて痛い。サンダルがすこし脱げ、足の裏があらわになる。足の裏も小麦色をしている。地黒なのだろうか、混血なのだろうか。そう言えば顔立ちもどことなくローラに似ていてエキゾチックだ。またドアが閉まる。痛い。同じ部位ばかり挟まれているので更に痛い。少し体の位置をズラす。「逃げんなッ!」今度は鼻を踏まれる。ジワッと涙が出て来る。慈悲は無いのか?痛いぐらいに勃起している。泣いていると外の何人かが足を掴んで来て、エレベーターホールに引き摺り出された。長町先輩も縮み上がって俺の側に正座している。「警察に電話や。自分らムショに入れたらな世のためにならんわ」「ここをどこやと思てんねん」「鬼畜や」「ションベンかけたろかこの変態」腹を見せて倒れた俺を囲み美女たちが次々に罵声を浴びせて来る。やっぱり関西弁の女は怖い。腰の奥が甘く痺れ、熱く溶け始めるのを感じた。「聞いとんのかタコ!」ギャルの蹴りが左肩に炸裂する。そう言えば俺はプロ野球選手だった(は?) 左肩だけは勘弁して貰わなければならない。腰の奥が熱い!調子に乗って次々と蹴りを入れて来る女たちに無我夢中で叫ぶ。「自分は阪神タイガースのっピッチャーのぉ、内藤久蔵といいまっ、ス!左肩だけはァ!ァア!やめてっ!」女たちは構いもせずに暴行を浴びせ続ける。その度に甲高い声で叫んで左肩を庇う。女に脅えて命乞いをする自分が情けなくてたまらない。腹の底で千匹のめくらのみみずが目を覚まし、ぬるぬると渦を巻いて互いを喰らい合っている。食い殺される!

 

「なんの騒ぎや」隣のエレベーターから降りて来た老人の声を聞くと、女たちは一斉に静まりかえった。いつの間にかおれの臍田は熱を失い、代わりに熱くぬるぬるとしたものが肌に余さず塗りたくられている。「この子らが若い子に狼藉を働こうと忍び込んで来ましたのや」銀座のママのような和服の女が最初に口を開く。「ほぉ…」老人はしげしげと俺の顔を眺める。きっと内出血が出来ているに違いない。「あのっ!」それまで縮み上がっていた長町先輩がいきなり素っ頓狂な声を上げる。「阪急総帥の小林翁とっ、お見受け、しました。私は××電力の長町の息子でございます。翁にはっ、以前お会いしたことがあるとありまっ、存じます」えっ、知り合いだったの?「おお、あの時のボンか…」小林翁(?)がそう言うと急に剣呑な空気が和らいだ。しかしなんとまあ柔らかい雰囲気の爺さんだ!「おまえ」「はい」おまえと言うと銀座なのか……射精を終え冷静になったおれは変なところに感心していた。「警察には突き出したらんでええ。エエ暮らしを夢見るのも男の子には必要なことや」おれは全身のバネを使って仰向けの体勢からひっくり返り、美しい土下座姿勢で着地する。「申し訳ありませんでしたあァーーーーーーーーーー!!」「ちゃんと謝れるのはエエことや。そやけどな、女の子を傷付けたらアカンで?さ、もう行き」ボロボロになって足腰も立たない俺は長町先輩に支えられてようやくエレベーターに乗り、扉が閉まると壁に寄り掛かって座り込んだ。やっぱ阪急総帥はデケェよ……

 

起きたら夢精していた。東京のアパートで一人だった。パンツがもう無かったので洗面台で雑に洗い、石油ヒーターの前に置いて乾かしている。書いている間、無性に悲しくなって来て曖昧に剤を入れた。水を飲むとひどく空腹だったことに気が付いた。夜だった。